エリトリアでは自転車競技が国技といえるほど盛んで、ブラジルにおけるサッカーのように国民の間で絶大な人気を誇っています。レースが行われる日曜日にはみなラジオ片手に実況に熱狂し、大通りはレースを観戦する市民であふれかえります。イタリア植民地時代に自転車競技が導入され、山岳地帯の国土を生かしたトレーニングなどで優秀な選手を生み出してきました。中には1964年の東京オリンピックに出場した選手もいます。近年では国際的に活躍するプロ選手も出てきてサイクリング熱は国内外で高まってきています。そんなエリトリアのサイクリング事情をサイクルライター福光俊介氏の記事でご紹介します。

初のエリトリア人トッププロが誕生

近年、ロードレースの本場であるヨーロッパで挑戦するエリトリア人選手が増えています。そのパイオニアが、ダニエル・テクレハイマノット(Daniel TEKLEHAIMANOT)。早くにアフリカ大陸のトップライダーになると、2009年から本格的にヨーロッパへ進出。国際自転車競技連合(UCI:Union Cycliste Internationale)の育成プログラムを経て、2012年にオーストラリア籍のUCIプロチーム「オリカ・グリーンエッジ(Orica-GreenEDGE)」と契約を果たしました。

UCIが設定するチームカテゴリーは3段階あり、属するカテゴリーによって出場できるレースも異なります。UCIプロチームはその頂点に位置し、「UCIワールドツアー」と呼ばれるシリーズ戦を主戦場に世界を転戦します。後述のグランツールへの出場も保障されています。つまり、全世界の実力者が集まるハイレベルな戦いの場なのです。

テクレハイマノットはアフリカの黒人選手としては初めて、UCIプロチームとの契約を勝ち取った選手となりました。アフリカチャンピオンとして注目度も高く、3週間でスペインをほぼ一周するグランツールの1つ「ブエルタ・ア・エスパーニャ」には1チーム9名の出場枠に堂々名を連ねるほどの活躍を見せました。

TOPに戻る


エリトリア人が活躍する「ロードレース」って?

「自転車競技」とはいっても、ひとえに括ることができるものではなく、さまざまな競技の種類があります。オリンピックに採用されている種目を例に挙げると、主に一般公道を使って行われる「ロードレース」、バンクと呼ばれる競技場で行われる「トラックレース」、主に未舗装の走路で行われる「マウンテンバイク」、人工的に作られた土の走路を走る「BMX」など。それぞれに独自の競技性を持ち、使われる自転車も大きく異なります。現在、エリトリアの選手が得意としているのは「ロードレース」。いまや、世界のトップレベルに手が届くところまできています。

ロードレースには、1日で200~300kmを走って勝利を競う「ワンデーレース」。平坦や山岳など、日によって異なるコースを複数日にわたって走り、各日の区間成績のほか、期間中の累計タイムで勝負が決まる「ステージレース」とがあります。ステージレースの最高峰は「グランツール」と呼ばれ、誰もが一度は耳にしたことがあるツール・ド・フランスなどが該当します。ステージレースは短いもので2日間からありますが、グランツールともなると3週間で争われます。

どのレースでも個々の成績を争うため、基本的には個人競技とされています。しかし、ハイレベルのレースになればなるほど、複数のメンバーが役割を分担して、チームが設定した目標に向かって走るため、団体競技の色合いが強いのが実態です。戦術も事細かく設定され、その奥深さや人間味あふれる点などが、この競技の魅力とも言われています。

TOPに戻る


2013年の活躍

エリトリア自転車界にとって、2013年は大躍進の年となりました。

プロとして2年目を迎えたテクレハイマノットは、7月にスペインで行われたワンデーレース、プルエバ・ヴィリャフランカ・オルディジアーコ・クラシカ(Prueba Villafranca - Ordiziako Klasika)でプロレース初優勝。

さらには、テクレハイマノットに続けとばかりに、4名のエリトリア人選手がセカンドカテゴリーであるUCIプロコンチネンタルチームとの契約を果たしました。

プロコンチネンタルチームは、「UCIコンチネンタルサーキット」と呼ばれる大陸ごとのシリーズ戦を主戦場とするほか、チームの実力や取り組みが評価されればUCIワールドツアーへの招待を得ることができます。4名のエリトリア人選手は、最高峰の舞台にチャレンジしました。

その中でも、フランス籍の「チーム・ユーロップカー(Team Europcar)」に所属するナトナエル・ベルハネ(Natnael BERHANE)は、4月にトルコで行われたステージレース、プレジデンシャル・ツアー・オブ・ターキー(Presidential Tour of Turkey)で総合2位。山岳区間で優勝するなど、8日間で争われたレースにおいて強さを発揮しました。

チーム・ユーロップカーは、ツール・ド・フランスでも活躍するフランスきっての人気チーム。ベルハネはトルコでの活躍もあり、将来のエース候補として多くの関係者やファンが注目する存在となっています。

若手の育成も順調に進んでおり、9月に行われた世界選手権アンダー23(23歳以下)ロードレースでは、19歳のメルハウィ・クドゥス(Merhawi KUDUS)が15位と健闘。プロ予備軍が集まるレースで、将来を期待させる走りを見せました。

TOPに戻る


エリトリア人ライダーの特徴

エリトリアの選手の強みは、その身体能力にあると言われています。並外れた心肺機能と、シャープな体つきは、険しい山々を駆け巡るロードレース向き。さらには、瞬時のスピード変化を可能にする瞬発力も兼ね備えています。世界で結果を残しているテクレハイマノットやベルハネは、山岳でライバルを引き離すだけの登坂力と瞬発力を持ち合わせる選手。また、平均時速40キロ以上、速い時では時速60kmにまでなる平坦のコースにも対応するだけのスピードもあり、オールラウンドに活躍しています。

一方で、歴史と伝統を誇るロードレースの世界において、エリトリアは新興国と見られているのが実情です。強い選手が次々と出てきているものの、まだまだ経験が浅い点は否めません。
今後ヨーロッパをはじめ、世界各地でのレースに出場して、
可能性を広げていく必要があります。

TOPに戻る


ロードレースで国の英雄に

自転車競技はエリトリアの国技だけに、国民の注目度の高さは日本をはるかに上回ります。アフリカの大陸選手権や、ツール・ド・エリトリアが開催される際は、多くの観客がコースに足を運びます。そこでエリトリア人選手が優勝したとなれば、ゴール地点はお祭り騒ぎになるほど。

国際大会やヨーロッパで活躍した選手たちは、帰国した際に凱旋パレードを行うなど、トップライダーともなれば国民の誰もが知る存在となるのです。

TOPに戻る


エリトリア人選手を見る、知るための方法

今後、エリトリア人選手の活躍を目にし、耳にする機会が多くなることは間違いありません。そこで、彼らの走りを見る、または知る方法をお知らせします。

実際に彼らが出場しているレースを現地で観戦するのが一番ですが、日本国内のレースに参戦することは稀なので、テレビやWebサイトが頼りになります。

テレビは、スポーツ専門チャンネル「J SPORTS」で有名レースの放映が行われています。こちらは、スカパーまたはケーブルテレビに加入することで視聴することが可能です。

J SPORTSホームページ http://www.jsports.co.jp/

Webサイトは、競技性の高いものから、自転車を通じてコミュニケーションを図るポータルサイトまでありますが、以下のサイトを個人的なおすすめとして記しておきます。

シクロワイアード http://www.cyclowired.jp/
サイクリスト http://cyclist.sanspo.com/

「シクロワイアード」は、競技全般に精通したサイトです。また、サイクリストは競技のほか、自転車を通じた人と人とのつながりや、国際交流などにも力を入れたサイトになっています。

ぜひ、ロードレースでの彼らの活躍を通じて、エリトリアがより身近な国になってほしいと願っています。

文/サイクルライター・コラムニスト 福光俊介
http://www.sukecycle.jp/
http://www.facebook.com/sukecycle

 

日本・エリトリア親善サイクリングの記事はこちら

TOPに戻る

  • 観光情報
  • VISA
  • About Eritrea
  • FAQ
  • Photogallery
Photogallery